浮気調査の調査内容とは?探偵との浮気調査の契約前に知りたいこと

パートナーの浮気が気になり、浮気調査を依頼したいと思っても、浮気調査を依頼してなにがわかるのか、どんな手段を使うのか、などの疑問から二の足を踏んでしまいますよね。

ドラマや映画の中には度々登場する探偵についても、実際のところどんな仕事をしていて、本当に調査を任せられるか分からないという不安がつきものです。

今回は、浮気調査が、どんな調査なのか? ということについてご紹介します。

浮気調査の調査の中身と、達成できる目的

では、探偵に依頼するとしてくれる浮気調査の中身と、浮気調査で達成できる目的について説明します。

探偵が浮気調査でとる行動

まず、多くの浮気調査では、浮気の証拠をとるために対象者を尾行し、張り込みを行います。 具体的な例としては、対象者を直接尾行して、依頼者に連絡している内容ではと行動の矛盾を確認をします。

また、自宅や職場、そして行きつけの店など、浮気現場となりうる場所の近辺で張り込みをして、行動の監視を行います。
そこで、浮気相手と連れ立って行動しているときや、建物の中に入る瞬間などがあれば探偵は、依頼者に報告します。

どれも探偵としては基本的な仕事ですが、深夜や早朝など時間帯を問わないケースがほとんどです。

さらに探偵は、浮気調査において、対象者の言い逃れや誤魔化しなどを防ぐために、実際にカメラで浮気のシーンの撮影もします。

浮気の証拠となる写真の撮影については、浮気相手の顔、そして調査対象者の顔のどちらもがしっかりと写るよう撮影する必要があり、技術が求められます。

以上のように、探偵は尾行・張り込み・撮影という行動で、浮気調査を行います。


浮気調査を依頼する目的は何?

浮気調査は、探偵という第三者に依頼して浮気の証拠をとる調査です。 浮気が決定的な場面の写真や動画があれば、 依頼者は言い訳に流されることなく話し合いができるでしょう。
また、依頼者は離婚調停や裁判の際に証拠として利用し、離婚を請求することや、慰謝料請求などもできます。

このように、浮気調査によって、依頼者は大きく3つの目的に向けて行動が取れるといえます。

  • 夫婦関係の修復
  • 離婚(有責を明らかにする)
  • 慰謝料請求

という3つです。

浮気の証拠がなければ、どの目的も有耶無耶になってしまいがちです。


浮気調査を依頼するうえで考えること

このように、浮気調査とは対象者の浮気現場を撮影し、証拠をとるのが目的です。

探偵会社を選ぶ際には、調査対象者の行動範囲にある探偵事務所を比較するのも一つの方法です。
待機場所が近ければ、浮気現場へ急行してもらう融通も利くかもしれません。また、交通費・車両のガソリン代・出張費などの経費も最小限に抑えられるはずです。

また、探偵会社に依頼する際に、料金も重要ですが、確実に浮気調査で証拠をとるためにはその実力も加味して選びましょう。

  • 浮気調査の調査力
  • 浮気調査の提案力
  • 探偵事務所の実績

なども重要になります。

やはり浮気調査の中身は素人には難しい内容ですし、探偵への依頼料が高額になりがちな点にも納得がいくはずです。
また得た浮気の証拠を元に、相手との協議が有利に進められると思えば、その依頼料も決して高くはないかもしれません。
納得のいく浮気調査をしてくれる探偵会社を選びましょう。


浮気調査は高い効果が得られる調査

いかがでしょうか?

今回例に挙げた以外にも、探偵は様々な手段を行って、浮気の証拠の入手に奔走します。 浮気調査の内容について疑問点があれば、ぜひ依頼や契約の前に質問してみてください。
きちんと答えてくれる事務所であれば、そこは信頼できる探偵事務所だと言えるでしょう。

逆に浮気調査についてどんな質問も曖昧にはぐらかされるようでしたら、その事務所は信頼に値しません。なぜなら、依頼者に伝えられない実情を抱えている可能性が高いからです。

信頼できる探偵事務所を見つけて、希望する調査をしてもらえるよう行動していきたいものですね。


関連記事